導入先の医師の声

導入先の医師の声

舌間眼科医院 様

眼科

診療室で待合室の状況が把握できるというのが大きいですね。それを見ながら、診療ペースをコントロールすることができます。

舌間眼科医院 様


医院様情報
開院:1983年
住所:福岡県前原市
舌間眼科様は、博多駅から40分たらず、筑前前原の駅の目の前にあります。
院長先生をはじめスタッフの方全員が女性で、患者様と和やかな雰囲気を作っておられます。それでいて動きが機敏で、てきぱきと診療をこなされているのが印象的です。
レセコン連動システム
システムとしては、受付には診察券用のリライトリーダが接続されたDoctorQubeの端末があり、レセコンと連動しています。診療室の端末には、場所をとらないノートパソコンを採用。これらのデータを管理するサーバコンピュータが、ふだんは人の出入りのない部屋に置かれています。
予約システム導入による最大の効果待ち時間の解消
院長先生によれば、予約システム導入による最大の効果は「待ち時間の解消」だそうです。「以前は、待合室に常時20人くらいの患者様がおられて、大変な混雑でした。これを何とかしなければ、というのが課題だったので、その目的でQubeを導入しました。診療室で待合室の状況が把握できるというのが大きいですね。それを見ながら、診療ペースをコントロールすることができます。」
受付業務の効率アップ待ち時間の解消
「また、ドクターが自分で操作してアポを入れるよう、徹底しています。そうすると、受付スタッフの手を煩わせずに済むので、受付業務の効率が上がり、患者様を待たせずに診察券をお返しできるわけです。結果として、いまは2~3分の待ち時間で回せています。」見ていると確かに、手続きは実にスムーズです。
会計で患者様をお呼びするときにはすでに、次回予約の刷り込まれたリライト診察券が出来上がっています。また予約システムについては、担当スタッフの方が責任を持って管理し、使い方についても意欲的に研究されています。
導入当初は、やはり試行錯誤があったとのことです。しかし、明確な目的意識と方向性、院長先生の指導力とスタッフの方の尽力が、「患者様を待たせない診療」を実現したのだと言えるでしょう。
お年寄りが多いこともあって、自動予約そのものの利用率はそれほど高くなく、リコール等の機能についても「将来的に取り組めれば」というスタンスだそうです。それでも導入の意義は充分あったとおっしゃっていただいています。
[2004/04/20]
資料請求・デモ依頼・お問い合わせはこちらから

導入先の医師の声

横浜こどもクリニック 様

小児科

待ち時間短縮や心理的負担軽減で、
患者と家族にやさしい診療めざす

禹小児クリニック 様

小児科

自院の運営に適したカスタマイズで患者の満足度向上と現場の負担軽減を実現

扇町レディースクリニック 様

産婦人科

「操作が複雑過ぎないこと」と「安定していて手がかからないこと」の2点が重要なポイント

高島整形外科 様

整形外科

当院で全患者様に充実したサービスを提供できる、最適な患者様の来院数に制限できるシステムだと感じています。

杉原小児科 様

小児科

ASPサービスでは得られないセキュリティの高さやレセコンとの相性の良さ、というのもポイントになりましたね

江上歯科 様

歯科

Qubeはまさに受付の「頭脳」そのものの役割を果たしており、今や当院になくてはならない存在です。

舌間眼科医院 様

眼科

診療室で待合室の状況が把握できるというのが大きいですね。それを見ながら、診療ペースをコントロールすることができます。

ハマダ眼科 様

眼科

電子カルテ“ドクターソフト”とのリアルタイム連動も外せませんね。Qubeは、これらを兼ね備える唯一のシステムだった、ということです。